さ姫の香気成分について(香りの特徴と相違点)

サンプル画像

サンプル画像

香料業界で親しまれているバラには、ロサ・ダマスセナ(Rose damascena)と
ロサ・センチフォリア(Rose centifolia)がある。その2種の香気成分組成は類似
しており、PhenylethylAlcohol(75%前後)をメインとし、他にCitronellol、
Geraniol,Nerolなどで構成されている。しかし、それら香気成分のバランス、
また微量成分の違いにより、香気にそれぞれの特徴が現れる。
「さ姫」はこの前2者と多少異なりGeraniolをメインとし、
3,5-Dimethoxytoluene、PhenylethylAlcohol、Citronellol、Nerolなどで
構成されている。基本的な香気成分組成はロサ・ダマスセナやロサ・センチ
フォリアと同じであるが、Geraniolが主成分であることから、情熱的なフルー
ティ調が強い傾向にある。このことが、官能評価における芳醇さや重厚さを
演出している。
また、3,5-Dimethoxytolueneといったティ・ローズ特有の物質が検出されたこと
から、香気成分は、ハイブリット・ティ・ローズの系譜を強く引き継いでいると
考えられる。