出雲の歴史

歴史ある出雲の野薔薇(旧名:カタラ)文化

江戸時代の外科医華岡青洲の物語り


サンプル画像

華岡青洲とは、江戸時代に世界で初めて乳がん手術を行った外科医として知られている。
その華岡家に伝わる最古の麻酔技術の伝記に「ロウザ取り」というのがあります。
これは、現代で言うローズウォーターを生成する方法です。

華岡家では、傷口の消毒や口腔の処置にロウザワアトル(ローズ水)を使用していた。
そのため、門人は野薔薇(出雲のカタラ)を採取し、ランビキを模範し、桶を用いて
作った道具によりロウザワアトル(ローズ水)を製造していた出雲の地では、昔から薔薇を薬用に用いていた記録が残っています。

※上記内容は島根大学付属図書館「大森文庫」の出雲国に伝播した華岡流医術の概要を一部抜粋し紹介しています。